レールが奏でるときに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。年を経て体もあちこちガタついてまいりました。こころの欲するままに今はゆるりと鉄道写真。馬上少年過ぎんとも、人生1度きりして、楽しまざるをこれ如何せん

シラルトロ湖 

20171029-11.jpg
2017.10 釧網本線 塘路ー茅沼

いかにも北の地をひた走る!
国道391号線はちいさな山越えをして、美しい湖をフロントガラスにうつしだした。道は右にゆるやかにカーブを描き、湖面を横にしたがえ共に走る。
謎とロマンを秘めた静寂な様相はシラルトロ湖、今日一日の終わりを告げる日没をここで堪能したい。
冷泉橋と呼ばれるちいさな休憩所でカメラを構え、標的の列車は日没後、10分足らずでやってくる段取りだ。
日常のあかを解き放つ絶好のロケーション、沈みゆく太陽をまばたきをするのすら惜しみ眺めた。
空は見わたすかぎりのオレンジ一色、列車はまもなくやってくる・・・。

20171029-12.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://campame.blog.fc2.com/tb.php/461-c10f7ef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)