レールが奏でるときに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。年を経て体もあちこちガタついてまいりました。こころの欲するままに今はゆるりと鉄道写真。馬上少年過ぎんとも、人生1度きりして、楽しまざるをこれ如何せん

厚岸 

20170917-3.jpg
2017.09 花咲線 門静ー厚岸

いつも笑いながら言っている事だが、これだけ雨男が続くとさすがに嫌になる。
「呪われとる」 苦笑いのなか車をはしらせた。

現状を認識して結果を出す。仕事からすべてにおいて、ものごとは同じ手順。
天候に合わせて構図、そしてねらいを決めたい。
釧路をでた花咲線は釧路川を渡り、大平原の中を駆け抜けていく、
カキの養殖で有名な厚岸の町をめざしてレールは国道と共にいっきに海へとなだれこむ。
いまの天候なら湿原でおさめるよりも絵になるのではないか?
ふと気まぐれに思った決断は馬券よりはるかに悩ましい・・・。(笑)
磯の香りがただよう海の風景をのぞむべく、
車は国道を反れ、どんよりとした灰色の世界へと飛び込んでいった。



20170917-4.jpg
2017.09 花咲線 門静ー厚岸

北で青い空を見てないですね(笑)
とくにこの日は、全国的に晴れ、道内でも釧路地方のみ雨という日でございました。

何度でも言わせてもらいますよ。
中途半端なくもりなら、雨のほうがいい!

厚岸にはイオンもございます。かさもカッパも売っております。
道の駅もあり、カキづくしサイコー!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://campame.blog.fc2.com/tb.php/454-6bbb152e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)