FC2ブログ

レールが奏でるときに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。年を経て体もあちこちガタついてまいりました。こころの欲するままに今はゆるりと鉄道写真。馬上少年過ぎんとも、人生1度きりして、楽しまざるをこれ如何せん

菜の花 

20170514-1.jpg
2017.05 関西本線 島ヶ原ー伊賀上野


「菜の花畑に入り日薄れ・・・」
唄に出てくる花は畑だが、菜種油をとおして人の営みにふかく同居していたことが読み取れる。
菜の花の美しさはじつは淡い黄緑色をした葉や茎たちのコンビネーションが大きいように思う。
ひとつひとつの花はちいさく地味なのかもしれないが
葉っぱ達との明るい黄色と緑、 萌黄いろが皆でひしめきあって美しい。

島ヶ原に春満開

里わの火影も
森の色も
田中の小径を たどる人も
蛙の鳴くねも
鐘の音も
さながら霞める 朧月夜 ・・・なのである(笑)


旧163号線の橋からです。線路ぎわの草刈りがされたときのみ撮れそうです。
夜感撮影で室内灯の明かりを借りてなんとか存在感を出せたかなと思うのですがいかがでしょう?
車は河川堤防沿いに止めれます。
こんなお立ち台だれも行かんか(笑)

20170514-2.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://campame.blog.fc2.com/tb.php/437-2fb66a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)