FC2ブログ

レールが奏でるときに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。年を経て体もあちこちガタついてまいりました。こころの欲するままに今はゆるりと鉄道写真。馬上少年過ぎんとも、人生1度きりして、楽しまざるをこれ如何せん

郡山城跡 

20170417-1.jpg
2017.04 近鉄線 近鉄郡山ー九条

大望は抱かずとも、やられたらやり返す。
的確なる判断力の持ち主も時勢の波にのみこまれ死を呼びよせてしまった。
郡山城主 筒井順慶である。
洞ヶ峠のうわさの人物、激動の時代に振りまわされた怒濤の人生。
人生の進む道に迷うとき、
体にムチを打ちつけているとき
模索するあたまの中には順慶の名が浮かびあがる・・・。


20170417-2.jpg

ホワイトバランス 電球モードと蛍光灯なのですが、ちょっと大げさでいやらしさもありますね。
普通に自動で撮ればよかったかな~。
郡山城跡からです。堀のよこを駆け抜けてくれます。作品に写っているお城あたりからも俯瞰できました。
毎年桜の季節にライトアップされ夜店がならびます。早々に撤収して、城の夜桜見物に行きましょう。
駐車場はすぐ向かいにありますが混みます。駅手前のほうが空いております。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://campame.blog.fc2.com/tb.php/433-d67d2ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)