FC2ブログ

レールが奏でるときに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。年を経て体もあちこちガタついてまいりました。こころの欲するままに今はゆるりと鉄道写真。馬上少年過ぎんとも、人生1度きりして、楽しまざるをこれ如何せん

クジラの町 黒潮町 

20160821-1.jpg
2016.08 くろしお鉄道 土佐白浜ー有井川

くろしお鉄道と言う名からイメージする、海に面して走る姿は意外に少ない。
窪川をでた下り列車は川奥のループをぐるりと下り、カツオの町土佐佐賀をぬけ海に出る。
だが、鉄路はすこし高台をとおり、海よこにはかならずといって国道がつきまとう。
絶対風景にどう処理するのか、ここが腕の見せどころなのだろうが体はおもい(笑)
国道わきの歩道からなまけることにした。
前日の四万十川の涼しさから一変、まだまだ盛夏はつづく。
まだ赤い日差しがのこる明朝の列車を捕らえたとはいえ、
海も、空も、夏の匂いが少しばかり足りないような作品となった。
もやったお天気だったので望遠はさけました。
いずれにしても敵は車です。
国道ですから交通量はたいしたものです。
明朝の4本ねらい打ちましたが、写る写る車ちゃん。
撮影者の運が試されますね。

ところどころ海岸に降りれますから海から撮るとよさそうです。
ローアングルで国道も回避できそうな感じでした。
「あそこに立てばよさそう」とかそういったのも才能のようでわたくしは全然ダメですね。
ウオーキングに終わりました(笑)
いずれにせよ、はるばる行ってトラックがばっちり写ったりするのは、ほんとかなしいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://campame.blog.fc2.com/tb.php/403-8648b4e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)