レールが奏でるときに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。年を経て体もあちこちガタついてまいりました。こころの欲するままに今はゆるりと鉄道写真。馬上少年過ぎんとも、人生1度きりして、楽しまざるをこれ如何せん

里帰り2017(2) 

20170817-1.jpg
2017.08 予土線 土佐大正ー土佐昭和

初盆をむかえ赤く燃える迎火を見ていると、胸がせつなくなる。
祖先の霊を迎えるため、いなかの前の道筋は等間隔で灯がともり、
夕暮れがよりしんみりとした風景を醸し出している。
人は他の動物とちがって、人生のあり方を考える。
だからこそ笑いと哀しみをもしってしまうのだけれど。

ときは前に進むだけ、
思い出はうしろを振りかえるだけ、

「おもしろきこともなき世をおもしろく、」
晋作の辞世の句に答えをたどる・・・。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

里帰り2017 

20170811.jpg
2017.07 名松線

今年も里帰りいたします。
年々感じる体力の衰え(笑)
ナイトランも慎重になりますね。それでは・・・。 

まほろば おんぱら祭 

20170803-1.jpg
2017.08 桜井線 三輪ー巻向

季節を愛でる者、
暑さに負けず、夜空に咲く大輪を求めていにしえの地へ、
夏の風物詩は、同じ景色 同じ風、同じ空を涼しくさせる。
エアコンが普及した近年であるからして
ひとは大切なものを追い求めるのだろう。
桜井線の別名、万葉まほろば線のまほろばの意味は
素晴らしい場所
住みやすい場所
いにしえの古き時から愛される地・・・。
-- 続きを読む --

くされ縁に訪問 in函館(2) 

20170721-1.jpg
2017.07 函館本線

食に浸る
湯に浸る
それよりなにより鉄に浸る
旅の目的に良しも悪しもないものだが、はるばるやってきた北の大地で「ここでよいのか?」と自問自答をしてしまう。
手元に握るは1枚の紙きれ

函館 11R 3連単・・・・・・。(笑)

的中したしないは関係ないのだ (汗)
目的は観光なのだから (汗)
そしてとなりでビギナーズラックがおこった。
友人がなんと3連単ゲット、今宵はうま~い酒でございました。


くされ縁に訪問 in上の湯温泉 

20170713-1.jpg
2017.07 函館本線

函館より大沼公園を抜け国道5号線をかけあがると、イカ釣りが盛んである内浦湾に飛び出す。
いくつかのちいさな漁村風景を抜け、落部の町に着いた。

踏切から見える落部の駅は、すらりと右にカーブをして風情をただよわせる。
かつて「北斗星」がここで貨物列車と交換した記憶がある。
今日の宿、上の湯温泉はここから山側へと折れることになる。
道道を走ること10分、渓流沿いにある銀婚湯にたどり着いた。
今宵はどっぷりと湯に浸り、日頃のアカを落としたい。

要領や
能率 効率 稼働率。
数字を遠ざけて一夜をすごす
暗やみからときおり見えるほたるのあかり、
まもなく初夏の風が舞いこんでくる。