レールが奏でるときに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。年を経て体もあちこちガタついてまいりました。こころの欲するままに今はゆるりと鉄道写真。馬上少年過ぎんとも、人生1度きりして、楽しまざるをこれ如何せん

なにが時なのか 

20180509-2.jpg
2018.05 関西本線 柘植ー加太

ここちよい日和、5月の新緑
青葉をすりぬける風にかぐわしい香り
日頃のストレスもすこしはゆるむ。
つきあい 寄り合い 行事に葬祭
やっとのおもいでつくれた時間はそう多くはない。
思い立ったが吉日・・・。
だれが言ったか近年うなずく日々にある。
スポンサーサイト

ふたたび加太カーブ 

20180509-1.jpg
2018.05 関西本線 柘植ー加太

「はい、出た出た!」と言われてしまった。
はじめ何のことかさっぱりわからず不思議な顔をしたのだろう
あらためてしっかりと説明をうけてしまった。
鹿よけに柵をして電気を通すらしい、農家の方たちの気苦労が身に浸みる。

待ちわびた春にうごきだす
人々の暮らし
自然との共生
カエルの合唱とともに夏への準備がいそがしい。



-- 続きを読む --

チャリ鉄でおもうこと 

20170501-1.jpg
2017.04 奈良線 木津ー上狛

この日(といっても去年だが)息切れの中はじめてミラーレスもありかなと思ってしまった。
1グラム2グラムを削る代価をお金で買うロードバイクと
一般的に良いとされるほど重い傾向にあるカメラとのギャップがつれない。
思えば少年時代から変わらないことをやっている自分に気が付き、照れ笑い

まばゆい夏へ、
ちょっとばかり冒険を考えてみようかな。
-- 続きを読む --

時の余裕はつくるもの 

20170420-1.jpg
2017.04 近江鉄道

気が付けば4月尽
法事 新年度 タケノコ狩り 桜の開花からひと月が過ぎた。
行けなかった桜撮影突撃
行けなかったさみしさより、今年の春がもう終わることのほうがつらい。
春をながめる余裕もない日々
年々はやくなる時の流れ
だからこそすこし賢くなったこともある。
春をいかにしてたしなむか、こ業をどうつくるか。
貴重なときを無駄にはしない。
案外人生のたのしさなどはそんなところにあったりする。

想い出のままに 

20180408-1.jpg
2018.04 京阪交野線 私市ー河内森

ギャラリーのいなくなったホームグラウンド。
居酒屋でゆったり酒をたしなむようにシャッターを切る。
宅地開発にのみこまれ、切られた桜も数知れず、
ここだけは思い出のままでいてほしいと願う、

桜さん、道草をしてここでランドセルを忘れた少年です(笑)
取りに来たときの空の色がさみしかった。
少年は少年なりに思いをふけったあの日を、昨日の事のように思い出せます。
それはここがあの頃のままだから・・・。